初めて猫を飼った人への猫子育てサイト

neko-neko子育て

猫・人間のトラブル

猫のノミ・ダニを予防する頻度はどれぐらい?効果的な期間は?

2019年11月23日

飼っている猫のノミやダニを予防した方がいいのは分かるけど「どらぐらいの頻度でしてあげればいいの?」と疑問に思っている人も多いですよね?

 

卵などは目に見えないだけに、猫ちゃんの状態を見て飼い主が気付いてあげるしかありません。

 

頻繁に体をかきむしっているようであれば、ノミ・ダニの発生を疑ってみてください。

 

ノミ・ダニを予防する頻度や効果的な期間についてもご紹介していきます。

 

猫のノミ・ダニを予防する頻度はどれぐらい?効果的な期間って?

猫のノミ・ダニを予防する頻度はどれぐらいがいいんでしょうか?

 

一般的には次の方法があり、効果的な期間も1ヵ月・3カ月・6ヶ月のサイクルの場合が多いです。

 

1ヵ月に1回の薬剤投与。

6ヶ月間効果のある注射を1回実施。

3か月に1回ほど、首の牛をにスポットタイプの薬を垂らす。

 

店舗やネットで市販品を購入する方法もありますが、費用も掛かるため私は定期的にしていません。

 

猫のノミ・ダニ予防には費用はどれぐらいかかるの?家での対策は?

猫と言ったらやはりノミ・ダニの予防をしてあげたいところ。   年に1回の三種混合ワクチン以外に、猫にノミ・ダミが発生してしまうと、都度駆除してあげる必要があります。   家猫なのに ...

続きを見る

 

猫の状態やノミダニの発生状況にもよるので、自分で判断せずに獣医師さんに一度診てもらいましょう。

 

私の猫の場合は、ネコノミによって回虫(瓜実条虫症(うりざねじょうちゅうしょう)が寄生してしまいました。。

 

動物病院で首の後ろに「ブロードライン」という薬剤を塗ってもらって、その日からすぐにかゆがらなくなってビックリです!

 

猫のノミ・ダニを予防を頻繁にしておかないとどんどん増える

犬ではなく、猫のみに寄生するもので「ネコノミ」が代表的です。

 

ネコノミの生息期間は5~20日程度、さなぎは数日~数週間で生息しやすい環境であれば数か月などの長い期間生きていることも。

 

卵~幼虫~さなぎ~成虫の順番で一生のうちに1,000個以上の卵を産むこともあります。

 

通常は1~2ヶ月の寿命ですが春から夏にかけて最も繁殖しますが、秋でも出ましたし、年中気を付けたいところです。

 

室内ならノミ・ダニが過ごしやすい環境が整っているので、季節を問わず繁殖してしまいます。

 

人間が猫ノミに刺されるとこういう症状になる、という写真はこちらの記事から。

猫ノミの症状写真(人)を公開!【人間が刺されない対策は?】

一度、猫のノミが発生してしまうと病院に行かないとなかなか駆除が難しいことを実感しました(><) 猫ノミって人間には害がないんでしょ? と完全に思い込んでいたので、たくさん刺されていた頃には、時すでに遅 ...

続きを見る

猫のノミ・ダニを予防する頻度はどれぐらい?効果的な期間は?

今回は「猫のノミ・ダニを予防する頻度はどれぐらい?効果的な期間は?」についてお伝えしました。

 

ノミ・ダニを予防する頻度は、1ヶ月・3ヶ月・6ヶ月と様々。

 

効果的な期間は、1ヵ月毎に予防しておくと十分だと思いますが、各家庭でかけられる費用も違うので状況に合わせて検討をしてみてください。

 

私は、ノミダニが猫に発生した時だけ病院にかかっていますが、かかりつけの獣医さんと相談するのもいいですね。

-猫・人間のトラブル

Copyright© neko-neko子育て , 2021 All Rights Reserved.